イベント

Best of Japan Drone Award 2022 決定

6月23日(木)16:00より、最終審査会を行い、部門最優秀賞および審査員特別賞、オーディエンスアワードが下記の通り、決定しました。

ハードウェア部門 | 最優秀賞

Airpeak S1
ソニーグループ株式会社

<製品概要>

自在に操れる機体を中心に、送信機、アプリケーション、さらにクラウドが連携。飛行と撮影のみならず、事前のプランニングや情報管理に至るまで、トータルで創造的なドローン体験をもたらします。
また、Airpeak Plus というクラウドサービスにより、ウェブアプリケーション「Airpeak Base」で提供されるすべての機能を利用可能。Airpeak Protect Plan というアフターサービスにより、不慮のトラブルによる機体の故障や破損が発生した場合にも機体交換を実施。
さらには安心してお使いいただけるよう定期点検や修理も実施します。

Airpeak S1

ソフトウェア・アプリケーション部門 | 最優秀賞

ドローンポート付きドローンを運用するための運行管理システム
KDDIスマートドローン株式会社

【サービス概要】

  • 施設や河川等の監視や、定期的な点検における効率化・省人化を実現するための、ドローンを制御する運行管理システムです。従来は作業員を派遣・巡回させるなど、コスト・時間がかかっていた作業を代替する、無人化ソリューションの構築を可能にします。
  • ドローンの遠隔自律飛行の制御が可能な、モバイル通信を用いた「運行管理システム」を利用することによって、フライヤーが現地に赴くことなく、遠隔での効率的で安全なドローンフライト業務を可能にします。
  • 現在、当該運航管理システムはCoretronic Intelligent Robotics Corporation社製のドローン「G6.0」とドローンポート「Nest」に対応しています。

【機能詳細】

  • 遠隔にてドローンポートの開閉操作が可能です。
  • ドローンのフライトルートの設定、フライト、一時停止、カメラ制御も遠隔で操作可能です。
  • 全国どこからでも、リアルタイムでドローンの映像を共有可能です。
  • ドローンで撮影したデータをクラウドに自動保存することにより、全国どこからでもデータのダウンロードを実施することが可能です。

ドローンポート付きドローンを運用するための運行管理システム

Advanced Air Mobility部門 | 最優秀賞

30kW/30kg・90,000rpmガスタービン発電機
エアロディベロップジャパン株式会社

<製品概要>

  • 製品・技術
    “重量物搭載・長時間飛行”の大型eVTOL(大型ドローン・UAM)向けハイブリッド動力システム(ガスタービン発電機)。エネルギー密度が十分でないケースのあるリチウムイオン電池、燃料電池、ハイブリッドガソリンエンジン等に比して、当社のガスタービン発電機は90,000rpm駆動ゆえに発電機を小型化できるのが特徴。
    その結果、1kW/1kg動力として大型eVTOLに必要なペイロードと飛行時間の二律背反を回避できる技術となります。
    ガスタービン内蔵型発電機構造のため、ベアリングなどの耐久性問題も回避、MROも容易。
  • DaaSが大きな目標
    当社は “重量物搭載・長時間飛行”ゆえに可能となる大型ドローンDaaS(Drone as a Service)事業を目指します。
    人口減少、担い手不足に悩む3次元ドローン空間(地表から150m)を舞台とする1次産業(農林水産業)、3次産業(物流、建設、電線など高所インフラメンテナンス、災害対応など公共サービス)の生産性向上、成長産業化が実現する。マルチタスクでの地域課題の総合的解決策となり、大型ドローンDaaSオペレータ育成など新たな産業教育・人材育成事業も誕生させることが目標です。

30kW/30kg・90,000rpmガスタービン発電機

審査員特別賞

EAMS リモートID送信機
イームズロボティクス株式会社

ハードウエア部門 ノミネート参照

EAMS リモートID送信機

オーディエンスアワード

ドローンポート付きドローンを運用するための運行管理システム
KDDIスマートドローン株式会社

ドローンポート付きドローンを運用するための運行管理システム

6月10日の第一次審査会を通過した部門ノミネートは下記の通りです。

6月10日の第一次審査会を通過した部門ノミネートは下記の通りです。

ハードウェア部門

EAMS リモートID送信機
イームズロボティクス株式会社

<製品概要>

リモートID導入の背景となる改正航空法(2022年6月20日施行)による無人航空機の登録制度に伴い、装着が義務付けられている送信機。EAMSは業界でもいち早く開発に取り組み、今年5月に発売がスタートしました。

送信機は小型・軽量で様々なドローンに装着することができ、1500m以上の出力を持ち、遠くからでも自己位置を発信することができる。(Bluetooth5.0/10mWにて出力)
混線せず、機体通信の妨げにはならない他、実業務でも十分能力を発揮できるよう8時間以上の起動時間。さらに厳しい環境検査にも耐え抜いたプロフェッショナル仕様。様々な国内ドローンメーカーにも採用されています。

  • 業界トップクラスの国内実証件数
  • 電波到達距離(最大) 1500m以上
  • 本体の2つのLEDによりバッテリー状況、GNSS取得状況を把握可能
  • 最高水準のセキュリティ
  • 車載レベルの環境試験をクリア
  • 防水/防塵(IP54相当)、耐震/耐衝撃性能を保持
  • Bluetooth5.0対応
  • 機体ロスト時の捜索にも対応 (要リモートID受信機)

EAMS リモートID送信機

Wingcopter 198(W198)
伊藤忠商事株式会社(ドイツWingcopter社)

<製品概要>

Wingcopter社はドローン運航における省人化を目指し、W198のオペレーションにおいて1人のオペレーターが最大10機同時運航できるように開発を行っています。
医療品分野を中心に、アフリカでの医療品配送ネットワークの構築、日本を含む世界各地での実証実験を通して、ドローン物流の事業化を目指しています。

サイズ: H 65cm x W 198cm x L 152cm/機体本体 20 kg
最大積載重量: 5kg
飛行可能距離: 75km(5kg)、85km(3kg)、95km(1kg)
飛行時間: 40min (5kg)、50min (3kg)、60min(1kg)
飛行速度: 最高144km/h ・基本100km/h
飛行: 自律飛行、リターントゥーホーム機能
用途: 物品配送(医薬品、小包&Eコマース、食料品)
動作環境温度: 0℃~45℃(拡大予定)
通信: 4G LTE/衛星通信
耐風性能: 平時15m/s(最大瞬間20m/s)防水性有

Wingcopter 198(W198)

ソフトウェア・アプリケーション部門

PIX4Dreact
PIX4D株式会社

PIX4Dreactは、緊急対応に特化したソフトウェアです。オフラインで作業し、高速マッピングで2Dのオルソモザイクを取得し、公共安全、緊急対応、迅速なアクションのシナリオで違いを作り、命を救うことができます。
災害対応においては、素早い状況判断が重要ですが、必要な情報をすぐに収集/照合するのは容易ではありません。以前は衛星地図を使用していましたが、時代遅れになったり、古くなったりすることがありました。また、アクセスや購入に時間がかかることもあります。そのため、2Dや3Dの地図が増加しています。そこで、公共安全業務にドローンを活用するのです。
Pix4Dはドローンとフォトグラメトリーの技術を利用して、迅速な現状把握をサポートします。ドローンで現場を空撮、素早くマップ化することで、スタッフの安全を確保しながら、状況把握や災害対応を行うことができます。
さらに作成したマップを周囲と共有すること、チームでの活動が容易になります。

PIX4Dreact

Advanced Air Mobility部門

IoTデバイスペネトレーションテスト
GMOインターネットグループ / GMOサイバーセキュリティ byイエラエ株式会社

IoTデバイス(ドローン)の脅威に対するセキュリティを評価
IoTデバイス(ドローン)にセキュリティ上の問題がないか「ソフトウェア解析」や「ハードウェア解析」を通じ、様々な観点から、そのセキュリティを評価します。製品を市場にリリースする前に、セキュリティ評価を行うことで、製品品質の向上や改修コストの削減が見込まれます。

<ソフトウェア解析>
ソフトウェア(ファームウェア)を逆アセンブルしてサービスやアプリケーションの問題を評価

<ハードウェア解析>
ハードウェアを分解し、基盤に搭載されるマイコンのデバックインタフェースなどをテスト

<動的解析>
通信路のパケットキャプチャやインタフェーステストを行い、コミュニケーションの問題などを評価

IoTデバイスペネトレーションテスト

Drone Movie Contest 2022

6月21日(火)16:00~ Drone Movie Contest 2022の部門グランプリ作品の上映と表彰式が行われました。
今年から、Japan Drone/次世代エアモビリティEXPOとコラボレーションした自治体・団体が制作する観光PR映像を対象とした「自治体・観光団体部門」には16作品がエントリーしました

【審査員】佐々木 賢一:トライポッドワークス株式会社
代表取締役社長兼ドローングラファー

渡邉  秋男:クレセントエルデザイン
代表取締役/ドローングラファー

猪川  トム:PRONEWS編集長/DRONE編集長

田口   厚:ロボティクスアカデミー主幹講師
株式会社Dron é motion 代表取締役

岩田  拡也:一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA) 常務理事

Drone Movie Contest 2022 グランプリ

矢尾板 亨 様
作品「【ホームビデオ】小さな世界」

自治体・観光団体部門グランプリ

ウェルカム・ぐんま国際観光推進協議会 様
作品「Wanderin' GUNMA -Winter-」

自治体・観光団体部門グランプリ

佐々木賞

小林 秀喜 様
作品「Into the Mist」

DRONE.jp賞

矢尾板 亨 様
作品「【ホームビデオ】小さな世界」

渡邉賞

側島製罐 × 家業エイド × 片岡商店 様
作品「SOBAJIMA VIRTUAL FACTORY TOUR」

渡邉賞

出展・来場に関するお問い合わせ

Japan Drone 運営事務局/
次世代エアモビリティEXPO運営事務局
(株式会社コングレ 内)

〒103-8276
東京都中央区日本橋3-10-5 オンワードパークビルディング

TEL:03-3510-3733

出展のお問い合わせ E-mail:
来場・その他お問い合わせ E-mail: