国際コンファレンス 会場:幕張メッセ 国際会議場

  • ホーム >
  • 国際コンファレンス >
  • 3/23(木)

Japan Drone2017では、ドローンビジネスのトレンド、未来を予見する詳細なプログラムを
下記の通り、ご用意いたしました。皆様のご参加をお待ちしております。

無料セミナー

基調講演 Keynote Address

海外のドローンスペシャリストによるドローン産業の今を語るセッションです。今年も多くのエキスパートが登場します!

特別講演 Special Sessions

テーマを設けたパネルセッション。日本でのトレンドや他産業とのかかわりなど幅広い見地からのパネルディスカッションです。

有料セミナー Innovation Seminar

ドローン産業の今を深く知ることができる講演をご用意しました。今回は1日ごとの申込はもちろん、1セッションだけでもお申込いただけます。積極的なご参加をお待ちしております。

プログラム構成

  • 3月23日(木)
    4セッション 13:00 – 16:45
  • 3月24日(金)
    4セッション 13:00 – 16:45

コンファレンス料金

  • 1日券 18,000円(税込)/早期割引料金 16,000円(税込):2017年3月10日(金)まで
  • 2日券 33,000円(税込)/早期割引料金 30,000円(税込):2017年3月10日(金)まで
  • 1セッション 6,000円(税込)/早期割引料金 5,000円(税込):2017年3月10日(金)まで

お申し込みはこちら

2017年3月23日(木)

※講演者は敬称略/順不同です

無料セミナー

11:00 - 11:15
ウェルカム
スピーチ

Welcome Speech

鈴木 真二

一般社団法人日本UAS産業振興協議会 理事長

11:15 - 11:45

基調講演

日英同時通訳付

無人航空システム:空域における自律化と統合を実現するドローンの設計とは?

K・バラバニス 博士

デンバー大学 教授

  • ロボティクス分野と無人航空機テクノロジー分野では世界の第一人者
  • IEEEをはじめ世界の技術関連学会の要職を歴任
  • 著書には「Unmanned Air Craft Systems」などがある

詳細はこちら

11:45 - 12:15

基調講演

日英同時通訳付

インテルが目指すドローンテクノロジーの未来(仮)

アニール・ナンデュリ

インテルコーポレーション 副社長(アメリカ)

  • インド出身
  • 米国ペンシルバニア州立大学にて電子工学の博士号を獲得

詳細はこちら

13:00 - 13:30

特別講演

「サンドボックス特区」と近未来技術実証

門脇 光浩

門脇 光浩

仙北市 市長

詳細はこちら

牧浦 土雅

仙北市 近未来創造アドバイザー

詳細はこちら

藤原 豊

内閣府 地方創生推進事務局 審議官

詳細はこちら

14:00 - 15:15

特別講演

パネルディスカッション
ドローンは新たなビジネスのプラットフォームになれるか?

ドローンが使われる応用場面が広がっていくと同時に、ドローンを媒介としていろいろな産業界がつながるという現象が始まっています。このセッションでは、分野の違う方々がそれぞれの立場からみたドローンをとりあげ、今後の応用の幅広い可能性について議論していきます。

パネリスト

顔 開 カイ・イエン

顔 開

LabRomance株式会社 CEO & Co-Founder

詳細はこちら

佐藤 仁

大分県 工業振興課 産業企画監

詳細はこちら

市浦 茂

NVIDIA JAPAN ロボティクス&インダストリアル

詳細はこちら

モデレーター

岩崎 覚史

DRONE media 編集長

詳細はこちら

15:30 - 16:30

特別講演

日英同時通訳付

パネルセッション
アジアからの熱い風 ~ドローン×アジア 特別編~

ハードウェアの普及が進む中、ドローン産業の成長の要となるのがサービスやソリューションの拡充です。日本では様々な実証実験が行われていますが、 若い世代が多く勢いに乗るアジアでは、日本とは異なる環境下で様々なイノベーションが起こりつつあります。中国、 台湾、韓国からスピーカーをお呼びし、各地での事例紹介から、彼らが考えるドローンの未来についてディスカッションします。

パネリスト

劉俊輝

劉 俊輝(Liu Jun Hui)

腾雲航空科技(深圳)有限公司 総経理

詳細はこちら

湯志強

湯 志強(Tang Zhi Qiang)

蒼穹科技有限公司 総経理

詳細はこちら

Hyeon C. Gong, Ph. D.

Hyeon C.Gong,Ph.D

元 KSLV-I (NARO) 研究開発事務局 上席研究員
AR Drone スウォーム フライト プロジェクト 代表

詳細はこちら

モデレーター

伊藤 亜聖

伊藤 亜聖

東京大学 社会科学研究所 講師

詳細はこちら

川ノ上 和文

川ノ上 和文

一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)理事
香港翼彩創新有限公司(xyZing.innovation ltd)CEO

詳細はこちら

有料セミナー Drone Innovation Seminar

DI-1

13:00 - 13:45

産業用ドローン向けバッテリーの現状と将来展開

樋口 勇人

樋口 勇人

日立マクセル株式会社 エナジー事業本部 企画部副部長

詳細はこちら

自社で開発し、生産を開始したドローン搭載用バッテリーに使用する高容量で安全なリチウムイオン電池の開発計画(進化)とドローン向けバッテリーの現状を紹介します。

DI-2

14:00 - 14:45

農業を変える!ドローン×農業の現在

春原 久徳

春原 久徳

一般社団法人セキュアドローン協議会 会長

詳細はこちら

農業分野でドローンを活用するための取組について、農業の産業化を推進するための課題である農業の情報化も含めて紹介します。

DI-3

15:00 - 15:45

災害ドローン救援隊 DRONE BIRD が目指す未来
~クライシスマッピングが拡げる共助のチカラ~

古橋 大地

古橋 大地

DRONE BIRD 主宰

詳細はこちら

世界各地で発生する大規模災害現場で最先端の災害情報支援活動「クライシスマッピング」から派生した災害ドローン救援隊「DRONEBIRD」の活動報告と今後のドローン活用について紹介します。

coffee break

DI-4

16:00 - 16: 45

近接目視・打音検査等を用いた飛行ロボットによる点検システムの研究開発

和田 秀樹

新日本非破壊検査株式会社 メカトロニクス事業部 次長

詳細はこちら

自社で開発中のドローンに駆動車輪を搭載した点検部位への接近・接触、走行が可能な点検ロボットの機構や機能について紹介します。

※これらの情報は2017年2月28日現在のものです。都合により内容や講演者が変更になる場合がございます。

出展に関するお問い合わせ

Japan Drone 運営事務局
(株式会社スペースメディアジャパン内)

〒102-0083
東京都千代田区麹町5-1 弘済会館ビル

TEL:03-3512-5672FAX:03-3512-5680E-mail:

お問い合わせはこちら